ブログBlog

屋根・下地処理(下塗り)と付帯部の上塗り仕上げ施工

        おはようございます

 

       阿蘇郡西原村  K 様

 

          昨日の作業

 

 

  付帯部・軒天の施工前です。


付帯部・軒天の施工:養生を行い、ケンエースG-Ⅱ(防カビ剤入り)現状色の施工です。


付帯部・軒天の施工:上塗り仕上げケンエースG-Ⅱ(防カビ剤入り)現状色の施工です。


      ケンエースGーⅡとは?

ヤニ・しみ止め効果と優れた付着性を有した、壁面用つや消し塗料です。

アクリル樹脂系非水分散形塗料(弱溶剤系塗料)

ターペン系NADですので、下地への影響が非常に少なく、素材への浸透力が抜群です。

防かび・ヤニ止め性・しみ止め効果が強力です。

耐水性・耐アルカリ性に優れています。

このような場所にまずケンエースG-Ⅱをご検討ください。

旧塗膜が判断しにくい所。

いろいろな素材が混在している所。

短期施工が求められている所。

低温で作業しなければならない所(凍結している場合はさけてください)。

厨房・浴室の壁面など湿気の影響を受ける所。

規格:アクリル樹脂系非水分散形塗料 JIS K 5670

合格防火材料認定 NM8585:不燃材料 QM9816:準不燃材料 RM-9364:難燃材料適応下地:コンクリート・モルタル・ボード類。

 

  付帯部・軒天の施工:きれいな色で仕上がりました。



 

  付帯部・雨樋(軒先)の施工前です。


付帯部・雨樋(軒先)の施工:しっかりケレン処理を行います。


付帯部・雨樋(軒先)の施工:プレミアム無機4フッ化フッ素樹脂SC-35 セミフロンルーフバインダーSiⅡの施工です。



 

  付帯部・破風板部の施工前です。


付帯部・破風板部の施工:隅々のケレン処理を行います。


付帯部・破風板部の施工:プレミアム無機4フッ化フッ素樹脂SC-35 セミフロンルーフバインダーSiⅡの施工です。



 

  屋根・棟板金部の錆止め処理施工前です。


屋根・棟板金部の錆止め処理施工:膨れ部分を、カッターで切り込みます。


屋根・棟板金部の錆止め処理施工:錆発生部分を、きれいに剥ぎ取ります。


屋根・棟板金部の錆止め処理施工:基本作業のケレン処理を行います。


屋根・棟板金部の錆止め処理施工:錆止めハイポン20デグロの施工です。


  下塗り・錆止め材:ハイポン20デクロとは?
防錆力、密着性に優れた、「エポキシ樹脂塗料は2種ケレンではぬれないもの」という常識をくつがえした、2液型(主剤17:3硬化剤)の変性エポキシ錆止め下塗り塗料です。
可とう性(塗膜柔軟効果)を有しており、付着性にすぐれます。

腐食性物質の塩分(塩素イオン)をキャッチして、海塩粒子の悪影響から鉄を保護します。
鉄、ステンレス、亜鉛めっき、アルミ等の素地に適応。
<JIS K 5551 構造物用さび止めペイント C種1号、C種2号>
<JASS 18 M-109 変性エポキシ樹脂プライマー合格>(日本ペイント)ハイポン20デクロ・グレー

 

屋根・棟板金部の錆止め処理施工後:良く乾燥させます。



 

  外部・簡易仮設トイレの設置組み立てを行いました。


外部・簡易仮設トイレの設置組み立て:安心して使用できます。(消臭剤入り)



 

        使用材料の搬入です。







 

本日の作業は、屋根・下地処理(下塗り)と付帯部の上塗り仕上げ施工です。

 

 

         がんばろう熊本!!

 

 

 

塗装専門のプロにご相談ください!

お見積もりお問い合わせ資料請求は